巫女ぶろぐ

浪速神楽研究

巫女分布図

参拝記録

巫女DB




これは浪速神楽について軽く調べた事のメモです。

神楽の分類

神楽には宮中で行われる御神楽と民間で行えあれる里神楽がある。
宮中神楽の成立は&ruby(じょうがん){貞観};年間(西暦859〜877年)と言われており、
里神楽の殆どの成立は江戸時代中頃と見られている。

里神楽には、伊勢神楽・出雲神楽・江戸神楽・
高千穂神楽(九州)・山伏神楽(東北出羽三山)・浪速神楽(京阪神)等がある。




浪速神楽の起源諸説

伏見稲荷神社(京都)説

西角井正慶が著した「神楽研究」によれば、
『京阪の神社には巫子の湯立舞が盛んである。
  恐らくは稲荷の神楽が栄えたものと思はれる。』とある。

かつて伏見稲荷神社には御神楽と御所神楽(里神楽の一種)が伝わっており、
明治維新以前においては、御所神楽は松本家が世襲し、毎年1月15日に御所へ三内奉奏し、
その都度千早を拝領したと伝わっている。
御所神楽の式目は25座あり、内16座位は浪速神楽とも共通しており、
神楽唄は稲荷独自のものが伝わっていたが、
現在、御所神楽は伏見稲荷神社には伝わっていない。


吉田家説

枚方在住の神楽方、笠井氏によれば、室町時代から続く同家は京都吉田家の神楽を伝え、
吉田家より拝領した神楽の裁許状・天冠・緋袴が伝来している。
ただし吉田神社には現在神楽の資料は伝来していない。
また笠井家も一時期神楽が途絶え、昭和7年に大阪の阿倍王子神社で、
成田家伝来の大々神楽二十七座の教授を受けている。

成田家(長谷川家)とも親戚関係にある守山家(大阪市天王寺区鎮座の久保神社の社家)は
江戸時代から続く神楽の家で、弟子の川口常三郎楽師によれば、
昔京都に東西の吉田御殿があり、守山家の祖先は西の吉田御殿の道統を継ぐと伝聞されている。
阿倍王子神社神職である長谷川家には神楽絵巻巻一巻・神楽歌折本・神楽口伝(袋綴本)が伝わっている。

この吉田家説に関して、大正15年6月13日にラジオ放送された『ラヂオ新聞』によれば、
百数十年前、難波津に吉田家と守山家があり、
吉田家が神楽125座を編み出したのが浪速神楽の始まりで、
吉田家が絶えて守山家が家元になっているとある。(守山家の神楽の資料は戦災のより紛失)
この放送は大正時代の楽師、橋本光造師が記録し、弟子の井上勝太郎氏が保存している。

またこの神楽125座に関しては、
大阪市天王寺区鎮座生国魂神社に同社末社城方向(きたむき)八幡宮に関する古文書があり、
120座の式目が詳細に列挙されている。この原本は水損による破損があったが、
補修されて118座までは読み取る事が出来、この中には現存の約30座の神楽も含まれるとされている。


現在の浪速神楽

一口に浪速神楽と言っても、地域によって異なる部分がある。


大阪

最も普及しているのは、故富永正千代楽師を家元とする流派。
その弟子の桑垣英雄楽師によれば、
明治時代の神楽方西村小松師に師事した母親より舞を受け継ぎ、
古来の曲を独自に編曲して完成させたのが富永正千代楽師であるという。


神戸方面

曲も舞も大阪とは少し異なる神楽が行われている。
神戸の神楽方森崎聞多氏によれば、
神戸の神楽は淡路島より伝わり、淡路島には泉州から伝来したと伝聞されている。
しかし、「兵庫県民俗芸能誌」(喜多慶二著)の第九章第一節神楽によれば、
淡路島の神楽は、洲本市馬場町鎮座洲本神社の酒井義一宮司の祖母が若い頃
奈良の春日大社の巫子をしており、在職中に巫子神楽を習得し、
帰国後に洲本で神楽舞の教習所を設けた事により、
淡路島は元より対岸の明石や高砂からも習いに来たと伝わっている。

春日大社には古来より伝わっている巫子舞があるが、
「日本古典芸能誌一神楽」(平凡社刊)によれば、
明治5年の若宮祭の時に、「歌譜」(1616年(元和2年)富田槇子著)に基づいて
富田光美が改修奉奏した神楽が伝来している。


浪速神楽式目

浪速神楽は現在30座伝わっており、
式目の順位は神楽方の家によって多少違いがあり、名称も異なる場合がある。


大阪神社庁版式目

富永正千代師が唱えられた「浪速神楽式目数え歌」
(一部差し替えられている)

  1. 磐戸開(磐戸舞・いわとびらき・いわとひらき・いまとまい)
  2. 庭ノ舞(一名式神楽)
  3. 榊舞
  4. 四方拝
  5. 和幣(にぎて)
  6. 早神楽
  7. 杼鍬(梭鍬・ひくわ)
  8. 花ノ舞
  9. 胡蝶吾妻舞(こちょうあづままい)
  10. 稲積(いねつみ)
  11. 鉾ノ舞(ほこのまい)
  12. 相舞#ai]](あいまい)
  13. 玉太刀(たまだち・たまたち)
  14. 八雲(やくも)
  15. 八平手(やひらで)
  16. 山巡(やまめぐり)
    (大阪神社庁の資料では
    扇四方拝に差し替えられている)
  17. 大山ノ幸
  18. 花湯
  19. 神酒調進(みきちょうしん)
  20. 剣ノ舞(つるぎのまい)
  21. 浪速津(なにわづ)
  22. 大海ノ幸(だいかいのさち)
    資料によれば「たいかいのさち」ともある。
  23. 菖蒲刈(あやめかり)
  24. 神鏡(しんきょう)
  25. 大里(おおざと) 資料によれば「おうさと」ともある。
  26. 扇ノ舞
    (大阪神社庁の資料では
    鉾剣ノ舞(ほこつるぎのまい)に差し替えられている)
    資料によれば「剣鉾ノ舞」(つるほこのまい)ともある。
  27. 湯立(ゆだて・ゆたて)  太々神楽の式目には無い。
  28. 鈴扇(すずおうぎ)

補足
大阪神社庁は30座と書いた資料を作成しているが、
上記28座以外にも、笠井家に伝わっている5座?がある。

  • 山巡(やまめぐり) 秘伝の神楽
  • 仙行楽(仙行楽)
  • 萬歳(まんざい) 扇ノ舞の別名、一名萬歳の事であると思われる。
  • 朝桜(さくら)
  • 日綱(ひつな)
  • etc

これらの神楽をまとめて太々神楽と称する。


浪速神楽の衣装

江戸時代に始まる浪速神楽の当時を知る資料の一つに
安倍王子神社に伝わる浪速神楽の絵巻がある。
これは幕末の天保7年に、それより以前の神楽を記録する為に造られたとみられ、
現在に伝わっていない神楽が多数描かれているが説明文が無い為、
舞の名称が不明の神楽が多くある。

男性衣装
現在の浪速神楽は全て巫子だけで舞われるが、江戸時代は神主も舞っており、
これをかん禰宜と称し、浄衣や狩衣を着て舞っていた。

女性衣装
巫子の衣装は現在と同じ白衣・緋袴に、平絹の舞衣を付け、
その上に金襴の千早を着る。
浪速神楽においては、現在一般に千早と呼ばれるものを舞衣と呼び、
その上に着ている衣装を千早と呼ぶ事に留意しなければならない。
その千早には赤・青・緑など様々な色があり、絵巻物においては同列に描かれているが、
亨保5年(1720年)に神祇官領部朝臣(吉田家)より出された文書に、
「河内国河内郡神並村牛頭天王之巫子伊豫、
 恒例之神事神楽等勤仕之時可着赤色千早舞衣者、神道裁許之状如件」
とあり、赤色の千早を着ることが許されている。
※河内国河内郡神並村牛頭天王とは石切剣箭神社の事

浪速神楽の特徴として
出雲神楽や江戸神楽では面を用いる事が多いが、浪速神楽では用いない。
何の舞においても衣装は殆ど変わらず、特別な衣装を用いない。


浪速神楽の採り物

浪速神楽では採り物と呼ばれる道具類が使用される。
浪速神楽でよく使われるのは、
檜扇・金銀の舞扇・神楽鈴・剣・両刃の直刀・鉾・弓矢・鎌・釣り竿と鯛・御幣・
榊・稲・菖蒲の花・四季の花・鳥籠・銚子・長柄・三宝・雲脚台・神鏡などがある。
これらは一部を除いて何処の神社にもある祭具であり、
それらを使って舞えるのも浪速神楽の特徴である。


浪速神楽の楽

浪速神楽は宮中神楽と同様に、古今集や捨遺集等から信仰に関する古歌が採用され、
舞毎に各々の神楽歌が決められて用いられている。
またこの神楽歌も神楽方にの家によって様々な歌が伝わっている。

浪速神楽の神楽唄は、原則として伶人長が舞の前に朗詠し、
二拍手を合図に舞と奏楽が行われる。
例外的に、鉾ノ舞・相舞・八雲・剣ノ舞の4座は、
中の歌と称して舞の途中の区切り目で朗詠され、舞の終わりに二拍手が打たれる。

安倍王子神社に伝わる資料(天保7年の折本)によると、
神楽歌は全部で26首あり、現在の式目数と近い。
また同年の神楽絵巻には現在伝わっていない神楽が多くある事から、
絵巻は天保以前の古い神楽を記録する為に作成されたものと考えられている。

今回入手した資料では、昭和56年に大阪神社庁の肝煎で結成された
大阪市伶人楽師の会の会員の神楽方が、各家に伝わる神楽歌を持ち寄り
良い歌を選んだものであり、安倍王子神社伝来の神楽歌ではない。


浪速神楽の神楽譜

神楽の譜面は雅楽と同様の「六中タ■五テシ」という独自の音譜で表される。
(■部分には、上の短い横棒の無い記号が入る)
六中尺上五乾下(ろくちゅうしゃくじょうごかんげ)という場合もある。

雅楽の場合、音程や速度は厳格に決められているが、
神楽の場合は多少の融通がきき、急ぐ場合には少し早めに演奏する事が出来る。

守山家や長谷川家に伝わる古い譜面は単調なリズムであるが、
富永正千代師が独自に半音上げや下げを行い音楽的に発展させている。
しかし、これによって従来の譜面を使用する家と、
富永流の譜面を使用する家が生まれる事となり、
同じ神楽であっても演奏が違うという問題が発生した。
昭和初期に発生したこの問題に対して、
橋本光造氏が神楽譜の統一の為に標準的な神楽譜面が作られ
昭和7年に出版されたが普及しない結果となっている。
この神楽譜の原本は弟子の井上勝太郎師が所持しており、複製本も出版されている。


浪速神楽の楽器

浪速神楽に用いられる楽器には以下の4種類がある。
また浪速神楽では他の里神楽に見られる篠笛は用いられない。

  • 楽太鼓
    円い枠に吊り下げた吊太鼓


  • 手拍子
    小型のシンバルのような楽器で俗にチャンポンと呼ばれる


  • 龍笛
    雅楽に使われる横笛


  • 笏拍子(割笏)
    厚目の笏を縦に二つに割った割笏で拍子をとるのに用いる


神楽舞

1、磐戸開(いわとびらき)

神楽譜
里神楽

神楽歌
とこよなる 鳥のやこえに ほのぼのと
あくれば開く あめのいわかど

由布を付けた二本の榊を用いる。神話の天の岩戸に基く神楽。
江戸時代には大きな岩戸の模型を作り、神話に則した形の舞もあったらしいが
現在では道具は用いず、一名の巫子が榊を両手に持ち、前後に動かしながら舞う。
磐戸舞と呼ばれる事もある。


写真協力:巫女装束研究所
http://www.miko.org/~tatyana/avi/20030112.html


2、庭ノ舞(にわのまい)

神楽譜
里神楽

神楽歌
霜やたび おけどかれせぬ 榊葉の
立ち栄ゆべき かみのきねかも

神楽鈴を用いる為に鈴ノ舞と呼ばれたり、式神楽と呼ばれる事もある。
この舞は一般に里神楽や式神楽とも称し、巫子舞の基本である。
鈴を右手に持ち、左右左と回りながら舞う。




3、榊舞(さかきまい)

神楽譜
里神楽

神楽歌
榊葉に ゆうとりしでて たが世にか
神のみ前に いわいそめけん

巫子が由布を付けた榊を持って式神楽を舞う。




4、四方拝(しほうはい)

神楽譜
一段四方拝、二段早神楽

神楽歌
おろがみし ここもたかまの 原なれば
つどいたまえや よもの神々

両手に神楽鈴を持ち、四方の神を拝むように順番に四方に向かい
上下に手を振るように舞う。宮中の元旦四方舞に因んだ舞。
一名瑞垣とも呼ばれる。




5、和幣(にぎて)

神楽譜
里神楽

神楽歌
君が代の 長月こそは嬉しけれ
今日すめ神を まつりはじめて

和幣(麻布を棒の先に差し込んで神前に供えた物)を捧げ持って舞う。
しかし採り物は御幣である。


6、早神楽(はやかぐら)

神楽譜
早神楽

神楽歌
なし

非常にテンポの早い曲で、この曲に合わせて巫子が鈴を振りながら繰り返し舞う。
長谷川家の太い々神楽式目では、早神楽は独立した舞ではないので載っていない。




7、杼鍬(ひくわ)

神楽譜
里神楽

神楽歌
いつくさの たなつ物こそ うけもちの
神ぞましける よろず世のため

二名の巫子がそれぞれ杼と鍬を持って舞う。
杼とは、織機の縦糸に横糸を通す道具。


8、花ノ舞(はなのまい)

神楽譜
里神楽

神楽歌
広前に 花をかざして さしつれば
袖をかざせと ちらしとぞおもう

広前とは神社の神前の事。
神前に供える為に、四季の花を持って舞う。


9、胡蝶吾妻舞(こちょうあづままい)

神楽譜
吾妻

神楽歌
広前に 扇かざして かなずるを
蝶のあそびと みそなわしわまう

巫子が裏表で金銀に塗り分けた2本の扇を両手に持ち、
手早く回転させながら蝶が舞うのを模す舞。




10、稲積(いねづみ)

神楽譜
里神楽

神楽歌
うらやすの たやすの秋の 初穂もて
あなうらやすの 今日のみにえや

四束の稲を乗せた雲脚台を中央に置き、
4人の巫子が1束ずつ取って稲を棒持ちにして
雲脚台の周りながら舞う、収穫感謝の祈りを込めた舞。



11、鉾ノ舞(ほこのまい)

神楽譜
一段里神楽、二段剣、三段早拍子、四段早神楽

神楽歌
久方の おめよりおろす 玉鉾の
道ある御代は 大やしまくに

この鉾は いづこの鉾ぞ あめにます
豊岡姫の 宮の鉾なり

巫子が鉾を振りながら舞う神楽。
この舞は中の歌があり、、舞の途中でもう一首読み上げた後に次の鉾の曲に移る。




12、相舞(あいまい)

神楽譜
里神楽

神楽歌
昔より ためしにならう 瑞垣は
つくりし日より 神さびにけり

めずらしな 今日の神楽の 八乙女を
神もうれしと 偲ばざらめや

2名の巫子が、まず檜扇を持って舞い、
途中で神楽鈴も取り、扇と鈴で舞う。
めでたい時に等に舞う神楽。



13、玉太刀(たまだち)

神楽譜
里神楽

神楽歌
剣たち 玉の光も かがやきて
神のみいつと あおげもろ人

一人は火焔付きの宝珠を雲脚台に乗せてて持ち、
一人は半分抜いた直刀を持って舞う。
珠も刀も御身体であり、一種の御開帳である。




14、八雲(やくも)

神楽譜
一段里神楽、二段剣、三段早拍子、四段早神楽

神楽歌
八雲たつ 出雲八重垣 つまごみに
八重垣つくる その八重垣を

み剣をの みいつ尊し 八尾わたる
やまたのおろち 切り払うらし

二人の巫子が各々直刀と木綿で作った大蛇を持ち、
一段目の曲の間は、ただ捧げ持って舞うだけだが、
中の歌の後、二段目に入ると直刀の鞘を払い
大蛇を退治するように徐々に激しく舞う。
大蛇退治の神話に由来する神楽。
一名大蛇退治とも呼ばれる。



15、八平手(やひらで)

神楽譜
一段四方拝、二段早神楽

神楽歌
ひと筋に 手にとりもちて 八平手に
祈る心を 神もうけひき

平手とは枚手の事で、
古代に柏の葉で作った平たい器に食物を乗せて神前に供えたもの。
神楽では採り物を用いないが、枚手を持つような仕草で舞う。お供えの舞。
素手で舞うので一名素舞とも呼ばれる。




16、山巡(やまめぐり)

本来の16番目の神楽は「山巡」である。
山巡は殿上と庭先を行き来して舞う神楽であるが、
笠井家秘伝の曲の為、大阪神社庁の資料では差し替えられている。

扇四方拝(おうぎしほうはい)


神楽譜
(四方拝と同じ)

神楽歌(四方拝と同じ)
おろがみし ここもたかまの 原なれば
つどいたまえや よもの神々

四方拝と似た舞であるが、両手に檜扇と神楽鈴を持った二名の巫子が
互いに向かい合って四方に移動しながら舞う。




17、大山ノ幸(おうやまのさち)

神楽譜
里神楽

神楽歌
あずさ弓 手にとり持ちて ちはやふる
神のみ前に 今日ぞまつれる

一人は弓矢を持ち、一人は三宝に乗せた鳥籠を捧げ持って舞い
途中小鳥を放つと同時に矢を射る。山幸彦神話に由来した神楽。
一名山幸とも呼ばれる。




18、花湯(はなゆ)

神楽譜二段
一段四方拝、二段早神楽

神楽歌
瑞垣の 神のみよより ささの葉を
たぶさにとりて 遊びけらしも

屋内の湯立舞。
湯の代わりに千切りにした色紙を八脚の案に乗せた釜に盛り、
笹束で挟んで左右に撒き散らす、祝い事等で行う神楽。
一人空湯とも呼ばれる。




19、神酒調進(みきちょうしん)

神楽譜
佐々

神楽歌
この神酒は わがみきならで 大和なす
大物主の かみし神酒なり

神社庁の資料が変、ビデオを見る必要あり
雄蝶と雌蝶の銚子を持つ二名の巫子が舞う。
もう一人は盃を乗せた三宝の前に座って神酒を受ける役。
銚子を持つ巫子はは互いに注ぎ合い、一舞舞っては盃に神酒を注いで、これを三回繰り返し、
最後の盃を受ける巫子が立ち、神職に取り次いで神前に供える。
一名佐々とも呼ばれる。



20、剣の舞(つるぎのまい)

神楽譜四段
一段里神楽、二段剣、三段剣早拍子、四段早神楽

神楽歌
ひさかたの あめにあがりし むらくもの
剣はいまも よよにつたえき

しげりける 道くさなぎの 剣こそ
やまとたけなる 神のみこころ

一段目の曲の間は剣を棒持ちにして舞い、
中の歌の後は剣を抜いて舞い、更に早拍子で振りながら激しく舞う。
魔除けの意味を含む神楽。一名太刀加伎とも呼ばれる。




21、浪速津(なにわづ)

神楽譜
里神楽

神楽歌
浪速津に さくやこの花 冬ごもり
いまを春べと 咲くやこの花

この神楽歌は、応神天皇の御代に百済から来朝した王仁の作と伝えられる古い歌である。
四人の巫子が四季の花を持って舞う神楽。



22、大海ノ幸(だいかいのさち)

神楽譜
一段里神楽、二段早音取、三段里神楽

神楽歌
いそ舟の もやいとくとく 糸たれて
釣りえし鯛は あまのうみさち

二人の巫子で舞う神楽で、一人は釣り竿、もう一人は鯛を捧げ持って舞い、
二段目で座して釣りの仕草をし、釣り針に鯛を付けて釣り上げる。
おの後、各々採り物を持って舞う、海幸神話に基く豊漁祈願の神楽。




23、菖蒲刈(あやめかり)

神楽譜
里神楽

神楽歌
いさぎよく 神をいさめて 菖蒲かる
君のめぐみは 民のよろこび

菖蒲には古来から邪気を払うという信仰があり、瑞午の節句に使用される。
一人は菖蒲を植えた台を持ち、一人は鎌を乗せた三宝を持って舞い
途中座って菖蒲を刈る事を繰り返す舞。
魔除けの魔除けの信仰を持つ神楽。



24、神鏡(しんきょう)

神楽譜
神鏡

神楽歌
真榊に かけて仰がん やた鏡
神も心を うつしたまわん

三名の巫子による舞で、一名の巫子が榊に由布と鏡を付けた神籬を棒持ちし、
二名の巫子が御幣を持って舞う神楽。神祭りの形を表している。



25、大里(おうさと)

神楽譜
大里(秘伝の曲の為、現在では正確には不明)

神楽歌
いにしへの 神のみとしろ あとたれて
いまぞ種まく あめのむらわせ

巫子が三宝に桝と千切りの色紙と鎌を乗せて持ち、
籾種代りの色紙を撒きながら舞う神楽。
種まきの様子を模しており、豊作を祈願する神楽。
一名大野または斎種とも呼ぶ。




26、扇ノ舞

本来ならばここには扇ノ舞(一名萬歳)が入るが、
おそらく笠井家による秘伝の曲である為、
大阪神社庁の資料では差し替えられている。

剣鉾ノ舞(つるほこのまい)


神楽譜
一段剣ノ舞道行、二段剣ノ舞早拍子、

神楽歌
なし

鉾ノ舞と剣ノ舞を組み合わせた神楽。
ゆっくりと始まり、だんだん早くなり、互いに位置を代わりながら舞う。



27、湯立(ゆだて)

神楽譜
一段四方拝、二段早神楽

神楽歌
(花湯と同じ)

古代の盟神探湯に由来する湯立は鎌倉時代の記録から見える神楽で、
現在では例大祭や月次際などで行われる。
八脚案に乗せる湯釜の数も一基・三基・五基と、神社によって様々である。
複数の釜の場合、中央の親釜を中心に左右の順でに廻る。
一名御湯神楽・献湯・お湯神楽・お湯・湯立て神事など、様々な呼び方がある。

一段目の曲の間は白袴の巫子が御幣で祓い、次に御幣と鈴を持って舞う。
更に塩で祓って、全ての釜に米と神酒を注いで、
柄杓で三回ずつ湯櫃に汲み、神職に取り次いで神前に供える。

その後、二段目の曲に移り、
巫子は舞衣を脱いで襷を掛け、笹束で湯を跳ね上げ、
右左の釜を廻って親釜に戻る。
最後に緋は釜の巫子が神前で式神楽を舞って終わる。

湯立は太々神楽の式目には無いが、良く行われる神事の為
大阪神社庁の資料では加えられている。

とりもの
神楽鈴。ごへい ささたば2
どうぐ
米 塩 神酒 柄杓 湯櫃 八脚案 湯釜 
三宝 &ruby(へいし){瓶子}; 土器
衣装
舞衣 白はかま たすき 素足


28、鈴扇(すずおうぎ)

神楽譜
鈴扇

神楽歌
すめがみの 今日の神楽に あう人は
千とせのよわい 延ぶというなり

太々神楽の最後に巫子総員で
右手に鈴、左手に金銀の舞扇を持って舞う神楽。
曲も舞も式神楽に似ている。




参考リンク